災害後によく訪れる「孤立」という状況

電気、ガス、水道。

それらのライフラインが寸断されてしまうという状況が、災害後にはよく起こります。

その状況を「孤立」と例えば呼んでみましょう。

そしてその「孤立」の仕方にも、ある意味「程度」があります。

今日は、あまり考えたくない「最悪な孤立」について一緒に考えてみましょう。

 

最悪な「孤立」の一例

 

災害後、何とか怪我をせずに切り抜け、家も倒壊せず・・・

というような状況でのライフラインからの寸断は、不安ではあるけれども、ある意味「軽度の孤立」と言えます。

それに対し、例えば

野外で一人取り残されてしまった! とか、 何処かに閉じ込められてしまった!

プラス何の装備もなく、着の身着のままの状態。

これはかなり最悪と言えます。

当然備えておいた「非常用持ち出し袋」なんかも自宅にあるし・・・。

そうなった時にはどうすればいいのでしょう。

 

サバイバルな状況における死因No.1は?

 

そんな最悪な状況に陥った際に、守らなければならないポイントが幾つかあります。

その中のひとつが「体温の保持」です。

気候が温暖な時期であったりしても、雨が降っていたり、津波で身体が濡れてしまったりすると、体温が低下し、数時間で命を落とす事もあります。

寒くて死ぬ というのが、サバイバルな状況における死因No.1と言われています。

上着もないし、火をおこすにもマッチやライターを持っていない。

仮に火がおきたとしても、燃やす燃料がない。

さて、どうしましょう?

 

そんな時にはこれを探せ!

 

フワッとした乾いたもの。

とにかくそのイメージに合うものであれば何でもいいです。

最悪濡れていても無いよりは全然マシです。

落ち葉でも、ゴミでも、新聞紙でも、クッションでも、衣類でも。

とにかくフワッとしたものを集めて、それを衣服の内側に詰め込みます。

出来るだけ沢山詰め込みます。

とにかく体温が「滞留」する層を設けて、熱の放出を少しでも防ぐことです。

保温するもの=衣服、火 などという既成概念は捨てて、とにかく「フワッとした乾いたもの」というイメージを探すのです。

雑誌や本があれば、そのページをちぎって丸める

車のシートを破れば中にはスポンジが入っている

とにかく周りをしっかりと観察すること。

温かく一晩を過ごせるとまではいかずとも、

寒いけど、何とか命を守れる

程度の「保温」が可能になる可能性は充分あります。

形にとらわれることなく、法則に眼を向けて、現状を最大限に味方につけられるようにしましょう。

 

セミナー情報はこちら